MENU TEL

松山市のスポーツ障害の治療院

松山市の当院は運動によって起こる体の故障、スポーツ障害の治療の専門院として書籍に掲載されました。ケガの回復、トレーニング指導など、未来のトップ選手のパフォーマンスの向上のサポートします。

スポーツ障害とは何なのか

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく、後遺症など障害が残る場合もあります。
怪我をされましたら松山鍼灸整骨院にお任せください。スポーツ障害や外傷などの原因を、きめ細かな問診から特定し治療しています。松山市に鍼灸整骨院を開院し、30年になります。「健康は身体の内側から」をモットーにし、実績を積み、地域の方に親しまれ、患者さんの体の故障を直す治療に取り組んでいます。違和感を感じられましたら、お気軽にご来院ください。

スポーツ障害による外傷

スポーツ障害とは、大きく分けると外傷と障害に分かれます。外傷とは、捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。外傷でお悩みでしたら、松山市の松山鍼灸整骨院にご来院ください。スポーツ障害や故障で思うように歩けない、走れないなどの悩みを持つ患者さんは、これまでの生活習慣や仕事内容を把握し、障害を取り除くように施術しています。簡単なストレッチや鍼灸の治療は効果的で、スポーツ障害を短期間で治療し、元に戻します。

松山市でスポーツ障害の治療なら

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障の事で、身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあります。松山市のスポーツ治療専門院にご来院ください。

スポーツ障害の障害

スポーツ障害のうち、障害とは特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。スポーツ障害による痛みは、全国優良スポーツ治療院として選ばれた松山市の松山鍼灸整骨院にご相談ください。ケガの回復・トレーニング指導など、未来のトップ選手・アスリート・スポーツ愛好家のかたのパフォーマンス向上をサポートいたします。

スポーツ障害と外傷の違いとは

スポーツで起こる外傷と障害の違いを説明します。まず、スポーツ外傷とは、プレー中に明らかな外力によって組織が損傷した場合をいいます。例えば、転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などのケガのことを言います。障害とは、スポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、痛みを主とした慢性的に症状が続くものをいいます。軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいますので、初期の段階で、松山市の松山鍼灸整骨院で正しい処置をすることが大切です。

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治