MENU TEL

疲労骨折

2015.02.12 | Category: スポーツ障害,偏平足,疲労骨折

先日の愛媛マラソンは過去最高の参加人数で、松山鍼灸整骨院の患者さまも

多数参加されました。

残念ながら抽選に外れてしまった人は、違う地域のマラソン大会に参加される方も多いようですし、シーズン中はいくつかのレースに参加される方もいるようです。

そこでもっとも気を付けなければならないのが、「疲労骨折」です。

フルマラソン完走のために、毎日の練習で、何キロ、時には何十キロという距離を

繰り返し走ることで確実に疲労は蓄積します。

そこで適切なケアや治療ができないと、骨折という大きなケガにつながりかねません。

ランナーの人に特に多いのが「中足骨骨折」といわれるものです。

場所としては「足の甲」のところの骨折です。

この骨折はなかなか厄介なところで、場合によっては手術が必要なこともあるほどです。

足の先ということで血液が回りにくく、回復もじかんがかかることがおおいです。

しかし、疲労骨折の前には必ず、その「前兆」があります。

ほとんどはその前兆が痛みを伴うものなので、わかりやすいかと思いす。

しかし、痛みが出てもすぐ疲労骨折までにはならないため、無理をして

悪化させてしまうケースがほとんどです。

フルマラソンを完走するにはどうしても、練習が必要で、また期限もあることから、オーバーワークになりがちですが、日々のケアや早めの治療で、けがを未然に防いで、楽しいマラソンシーズンにしましょう!

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治