MENU TEL

Blog記事一覧 > ストレッチ,股関節痛,腰痛,腰痛症 > 【意外】ストレッチは伸ばさずに縮める!

【意外】ストレッチは伸ばさずに縮める!

2017.05.15 | Category: ストレッチ,股関節痛,腰痛,腰痛症

from 松山鍼灸整骨院より・・・

 

みなさんこんにちは!

骨盤建築家 三浦です。

 

五月晴れが気持ちいい日ですがどうお過ごしでしょうか?

 

 

今日は知っているようで知らない「ストレッチ」のお話です。

 

ストレッチというと「伸ばして筋肉を柔らかくする」という

イメージが強いかと思われます。

 

 

しかし、それは半分正解で半分間違いです。

 

 

なぜか?

というと。。。

 

筋肉は「伸ばされ過ぎると硬くなる」からです(◎_◎;)

 

人間には何に対しても「防御反応」というものがあります。

 

筋肉も例外ではなく、伸ばされ過ぎると逆に

 

「ヤバい!千切れてしまう!」

と硬くなろうとしてしまいます。

 

特に痛めているところなどを無理やりやろうとすると

「もうムリ!」と

逆効果に…

 

 

ではどうすれば良いのでしょうか?

 

答えは

 

「押してダメなら引いてみろ」

 

です。

 

恋愛の話ではありません(笑)

 

が、なんでも共通するところはあるものです(^^)

 

今日ご紹介するのはよく多用する「股関節」のストレッチです。

よくやりがちなのが、図のように足の裏を合わせて、

膝を床の方向に開いて伸ばしていくというものがありますが、

硬い人が無理にしてもあまり効果はありません。

これも「伸ばす」というより「縮める」というイメージの方が効果が高いです。

図のように同じ足裏を合わせた状態で、意識は股関節や膝ではなく

「足裏」に向けて、合わせている右足と左足を押し合うようにしてみてください。

 

縮めようとすることによって筋肉が勝手に

「伸びないと!」と認識して柔軟になってくれます。

 

ストレッチの基本は「無理せず、痛まないように、予防のために」

です。

みなさんもぜひお試しください♪

 

 

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治