MENU TEL

坐骨神経痛になったら松山鍼灸整骨院へ

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、末梢神経の中でも最も太くて長い神経です。第腰椎4、5神経と第1~3仙神経からはじまり、お尻の筋肉である梨状筋という筋肉の下を通って太ももの裏を通り、膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。つまり、坐骨神経痛とは、神経が腰椎の隙間から出て、骨盤をくぐり抜けて、お尻から出るまでのどこかで、神経が圧迫されて引き起こされる足のしびれのことです。

症状

坐骨神経痛の症状の現れ方はそれぞれです。坐骨神経痛は、臀部(おしり)から脚にかけて通っている坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることにより神経痛が生じている状態です。症状としては、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、かかとや足の裏まで痛みの範囲が広がる場合もあります。症状は、強い痛みとして感じるだけでなく、ビリビリとした痛み・痺れた感じ、感覚がマヒした感じ、違和感がある感じなど、人によってその不快感・強さは様々です。また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みや痺れが現れるケースもあります。

あてはまったら注意しよう

坐骨神経痛のチェック

お尻から足にかけて、激しく痛んだことがある、腰部に痛みが長時間続いたことがある、重いものを持ち上げると、お尻に痛みを感じることがある、長時間立ったり、座っていると腰部が痛くなるなど様々なチェック項目がありますが特徴として当てはまるものがあれば是非一度検診にお越し下さい。痛みの根本から解消していきますので、お客様が今まで辛い思いを感じていたことが楽になるかもしれません。

放っておくことのデメリット

一般的に腰がや肩などが痛くなると2.3日様子を見て自然に治るケースもありますが、坐骨神経痛のような腰から下の部分い痛みやしびれが伴う症状は、数日様子を見ても治るケースはとっても少ないです。また、坐骨神経痛の症状を自分で実感している時間が長いほど、症状は悪化し、施術しても改善に時間がかかる場合もあります。長い時間圧迫されることにより、神経自体がダメージを受けてしまいます。そのため違和感を感じたら我慢せず施術を受けにいらしてくださいね。

当院へのアクセス情報

松山鍼灸整骨院

所在地〒790-0915 愛媛県松山市松末1-5-10
駐車場10台あり
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号089-933-8113
休診日水・土午後・日曜・祝日
院長川野 治